2022/05/01の日記

 日記12日目

今日やったこと

Dyson Sphere Program

今日は重力マトリックスを開放するところまでやった。開放しただけで生産設備は作っていないが、材料を見る限りめちゃくちゃ大変そう。

Cloudflare

Cloudflareを使い始めた。Cloudflareとは、CDNやDNSなどを提供しているサービスで、一部の機能は無料で使うことができる。使い始めた理由は、Email Routing機能が気になったから。
この機能は、登録した独自ドメインのメールアドレスに来たメールを、自動的にgmailなどの他のメールサービスに転送してくれるものだ。今まではzoho mailというメールサービスに独自ドメインを登録していたが、zohoはスパム対策が過剰で、かなりのサービスのメールを迷惑メール扱いしてくる上、なんとzohoからの一部のメールまで迷惑メールに入れるということ、それ以外にも色々と不満がたまっており、移行することにした。
他のメールサービスも考えたのだが、例えば

  • icloud カスタムドメイン: icloud+の特典の1つのため、他にもいろいろと使えるようになる。(icloud容量増加とか、プライベートリレーとか、メール非公開化とか)これで月130円は破格だと思い、一度試したが色々と不満もあった。
    • icloudドメインのエイリアスになる仕様のため、送信元がicloudになってしまう。
    • 1つのドメインで作れるエイリアスが少ない。(独自ドメインが最大5つで、ドメインごとのエイリアスが最大3つらしい。)私はすでに3つメアドを作成しているため、icloudに移行すると、これ以上増やせなくなってしまう。
    • 私が見ているeコマースサイトでは、@icloudはフィルターなどの関係でメールが届かない事例があるようで、(調べると他サイトでもそこそこあるらしく"icloud 届かない"で検索すると出てくる。)迷惑メール対策の過剰さに前サービスから乗り換えようとしている自分には合わないと思った。
  • google workspace: これも試してみた。gmailの機能が使えるのは良いが、私はメール機能しか使わないので、月680円の価値は見いだせなかった。その上、今までとは別のgoogleアカウントになってしまうため、管理が面倒くさい(youtube見るときはこっちのアカウント、メール見るときはこっちのアカウントみたいになる)
  • microsoft exchange online: これは試していない。値段はgoogle workspaceより安いし、容量も多いが、やっぱり別アカウントになるのは管理が面倒。
  • さくらのメールボックス: これも試していない。値段は最安だが、今どきdkimにもdmarcにも対応していないので除外。

などなど、色々と不満はあった。
そこでCloudflareのEmail Routing機能を使い、gmailに転送することにした。gmailには独自ドメインのメールを送信する方法があり、それを使うことで送受信をgmail経由の独自ドメインメアドにすることができた。これでも少し不満はあるが、1番便利で安いと思う。
万が一googleアカウントがbanされるとまずいので、gmailに来たメールは別の無料メールサービスに自動転送されるようにした。(まあ、もしもbanされたらメールを逃していたところで被害は甚大だし、このブログも消えるんだけど。)
それ以外にも、ドメインのネームサーバーをCloudflareのものにした。今まで使っていた日本のとあるサービスは、DNSレコード設定でTTLが設定できなかったり、dkimに対応していなかったりなど不満が多かったので、ちょうどよかった。

次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url